磁歪式センサー

特徴

作動原理

磁歪式センサーとは,磁歪線に磁界を加えると,磁歪線の軸方向にパルス信号が発生して,超音波振動として伝播します。
磁歪線,全長にわたってレシーブコイルが巻かれており超音波振動がフロート磁石の位置に到達した時,レシーブコイルからパルス電圧が発生します。
磁歪線発生信号からレシーブコイル検出信号までの時間をアナログ信号に変換します。

上記の作動原理の説明により3つの事を実現しました。

  1. 従来の抵抗式に比べ、1/50 ~ 1/100 程度に測定精度を改善し,高精度検出が大きな特徴です。
  2. 従来の抵抗式に比べ、1/2 ~ 2/3 の低価格での提供が出来ます。

ディテクターボックスの保護構造に2種類用意しています。

  1. N:IP64(防滴型)
  2. R:ExdIIB+H2T6(耐圧防爆)・・・水素雰囲気まで使用できます。

製品イメージ

写真準備中

製品仕様

項目 仕様
電源電圧 DC24V±2V
消費電力 電流出力:55mA以下
電圧出力:35mA以下
有効測定範囲(C) 100mm ~ 2800mm
繰り返し制度 検出精度 ±15mm
出力制度 0.02%FS (C < 300mm)
出力制度 0.01%FS (C < 300mm)
電力出力負荷抵抗 40.0Ω以下
電力出力負荷抵抗 5kΩ以下
使用温度範囲 -20 ~ +80℃(凍結不可)
使用湿度範囲 30 ~ 95HR(結露不可)

:–>

ダウンロード