KNシリーズ

特徴

KN型ブリザーバルブは、大きく分けて下記の4つの部品から構成されています。

プレッシャーボディー

ベントボディー

T型ボディー

フランジ

ブリザーバルブの機能は、大気吸入、大気放出、吸入ベント、吐出ベントの組み合わせにより、8パターンの機能別バリエーションがありますが、KN型ブリザーバルブについては、この4つの部品を適宜組み合わせることにより8パターンを満足することができます。

標準仕様

KN1シリーズ

吐出作動開始圧力
+0.2~+5.0kPa
吸入作動開始圧力
-0.2~-5.0kPa
接続規格
JIS10K, JPI150, ANSI150

※上記圧力を超える場合は、ご相談下さい。

KN2シリーズ

吐出作動開始圧力
+0.2~+5.0kPa
吸入作動開始圧力
-0.2~-5.0kPa
接続規格
JIS10K, JPI150, ANSI150

※上記圧力を超える場合は、ご相談下さい。

KN3シリーズ

吐出作動開始圧力
+0.2~+5.0kPa
吸入作動開始圧力
-0.2~-5.0kPa
接続規格
JIS10K, JPI150, ANSI150

※上記圧力を超える場合は、ご相談下さい。

KN4シリーズ

吐出作動開始圧力
+0.2~+5.0kPa
吸入作動開始圧力
-0.2~-5.0kPa
接続規格
JIS10K, JPI150, ANSI150

※上記圧力を超える場合は、ご相談下さい。

KN5シリーズ

吐出作動開始圧力
+0.2~+5.0kPa
接続規格
JIS10K, JPI150, ANSI150

※上記圧力を超える場合は、ご相談下さい。

KN6シリーズ

吐出作動開始圧力
+0.2~+5.0kPa
接続規格
JIS10K, JPI150, ANSI150

※上記圧力を超える場合は、ご相談下さい。

KN7シリーズ

吸入作動開始圧力
-0.2~-5.0kPa
接続規格
JIS10K, JPI150, ANSI150

※上記圧力を超える場合は、ご相談下さい。

KN8シリーズ

吸入作動開始圧力
-0.2~-5.0kPa
接続規格
JIS10K, JPI150, ANSI150

※上記圧力を超える場合は、ご相談下さい。

ダウンロード